ものづくりについて聞きましたー川口武亮・照井壮

川口武亮さんと照井壮さん、同い年のお二人は佐賀の有田で生まれ育ち、現在も有田という土地から全く異なる表現で作品を発表されています。今回東京と大阪の実店舗では同じ時期にそれぞれ作品展をして頂く機会に恵まれました。オンラインショップでは器つくりからお互いのことまで二人に注目した質問してみました。

<ご自身について>

ー 器をつくる道に進もうと考え始めた時期

川口さん 父や祖父も焼きものに関わる職業で好きなことをやっていいと言われていました。有田の外に出てみると、有田が独特な環境だったことがわかり焼きものの道に進んだのは22歳から。有田で学校に通い始めました。

照井さん 学生時代に鯉江良二のオブジェに出会い、オブジェ作家に憧れて鯉江工房にスタッフとして入ったのですが、その後、彼が作る器や書の作品にも興味が移っていきました。

 

 ー 有田という地で生まれ育ったことは少なからず作品に影響しているか

川口さん はい。有田は磁器の発祥の地で、磁器に囲まれて生活し、学校でも磁器を学んでいました。磁器の白に見慣れたなかで、土ものの作家との出会いがあり、同じ白でも陶器のもつ柔らかさやはかなさ、懐かしさに惹かれるところがあります。

照井さん 現代の有田焼に興味を持てなかったです。それは今でも変わりませんが、しかしながら、せっかく有田に生まれたので、自分の作品はあえて「有田焼に使われる素材だけを使って作ろうか」と、ある意味で影響があり、楽しんでいます。

ー 作品を作るうえで大切にしていること

川口さん 自分に正直でいようと思っています。仲の良い作家と話したこや、在廊でお店の人やお客様からもらった意見、見たものなどから、どう思うか、どういうものを作ろうかを1人になった時に考え、自分と向き合う時間をもつようにしています。

照井さん 職人的にはならないように仕事をしています。一度に同じ仕事をし過ぎないとか。ひたすら同じ形をロクロ引きするのではなく、午前ロクロ、午後タタラ、夕方窯詰めとか。

 ー 伝統的な手法を用いながら現代の生活に合うよう意識していること

川口さん この時代に生きていて良いと思うもの、自分が良いと思う感覚を大切にしています。

照井さん 人からのリクエストをなるべく聞いて、作ったことがないものでもチャレンジする。自然に時代とマッチしていく気がします。

 

 ー インプットや気分転換にしていること

川口さん 人に会うこと、です。

照井さん 映画鑑賞です。個展で外に出たときは時間を作って必ず映画館に行くようにしています。

 ー ご自分の代表的な作品

川口さん 陶芸を始めたころからずっと作っている粉引の器です。

照井さん 「熊、のようなもの」というオブジェ作品を代表作にしたいです。

 

 ー 今後目指していること

川口さん あまり何も決めていないので、どうなっていくのかが楽しみです。10年前は今の姿を想像していなかった。これからも、時代に流されないものを作りたいけど、その時その時感じたことを仕事にしていきたいです。あと今年からお茶を習い始めて、今興味があるのは古唐津など、唐津の器。日常の器と共に、お碗や茶道具、懐石の器も作っていきたいと思います。

照井さん ひとつの個展を見てもらったときに一本の映画を観たような感覚になるような個展をしてみたい。

 ー 影響を受けた作品や作家、音楽など

川口さん 古いもの。李朝の粉引のものなどを手元に置いて使っています。

照井さん 住み込みで修業をさせてもらった鯉江良二先生と李康孝先生には多大な影響を受けていると思いますが、器作家としては中島勝乃利さんの器が好きです。

 ー 好きな美術館

川口さん 民藝館です。民藝の精神性 清々しさ、健康さみたいなものを感じます。

照井さん 目黒の庭園美術館、品川の原美術館が建物自体の魅力も含めて好きな展覧会が記憶に残っています。

 ー 有田の見てほしい、知ってほしいこと

川口さん 古い街並み、トンバイ塀、陶山神社

照井さん 九州陶磁文化館が所蔵、展示している柴田コレクションには有田最初期の器が沢山あって、それらにはまだ技術的に完成されていないゆがみや不純物を持った、かつての美しい有田焼があります。

 

<お互いについて>

 ー 二人でいるときはどのような話をしているか

川口さん 作品の話しはあまりせず、壮くんは映画が好きなので映画の話などよくします。

照井さん 同じ有田にいても最近では年に一度の忘年会でしか会っていなくてそのときも二人っきりではなく、他の陶芸家仲間など大勢で会っています。しかも、お互いのヨメさんがおしゃべりなので話題は任せています。

 ー すごいなと思うところ、好きなところ

川口さん 自分の世界観を持っているところ。作品にもキャラクターがあり、作品も人そのものと思っている。古くからある有田の町ですが、壮くんに会うといつも新鮮に感じます。

照井さん 僕が圧倒的にインドア派なのに対して武亮くんは外に出て行くイメージがあります。美味しいお店に行っては常に器と食べ物の関係を考えているようで本当に勉強熱心だと思います。

 

お二人の作品がご覧頂けます「川口武亮さん 照井壮さんの器」

2018年 9月 17日 by online kohoro

稲吉善光さんのうつわ

茨城県笠間市で作陶されている稲吉さん。土味を生かした素朴な温かみと現代のライフスタイルにも馴染みやすいモダンなデザインが魅力的です。しっとりした鉄釉、ざらっとした手触りの黒釉や新しく加わった山砂釉など、手に触れても味わい深い器ばかりです。
2018年 8月 31日 by online kohoro

生形 由香 展/コホロ淀屋橋


コホロ淀屋橋にて、「生形 由香 展」がはじまりました。



生形さんの器には、彫りの施されているものが多く、
凛とした美しさがあります。

絵柄には植物や鳥などがあり、以前旅行された東南アジアや
仏教の影響を強く受けているそうです。

彫りと釉薬の組み合わせにより、
さりげなく見え隠れする細やかな紋様。
主張しすぎず、どんなお料理にも寄り添う優しいデザインです。


植物の灰や、金属の釉薬を
紋様に合わせて、使い分けているそうです。

大きなマグカップは、飲み物がたっぷり入るサイズ。
持ち手が大きく、安定感があります。





「生形 由香 展」は4月23日までです。
自然な色合いと紋様の美しさを、お手にとってご覧ください。



2018年 4月 17日 by yodoyabashi kohoro

base works 革小物の受注会とワークショップ

  イベントのお知らせ【淀屋橋】


base works 革小物の受注会とワークショップ
受注会3月31日(土)-4月8日(日)、4月7日(土)-8日(日)はワークショップを行います。

 

 

 

【base works 革小物の受注会とワークショップのお知らせ】

○受注会 3/31(土)-4/8(日)


東京と高知で革小物を制作されているbase worksさん。
長く愛用していただける革小物の受注会を行います。
お財布やバック、メガネケースなど革色や糸などのパーツを
お好きな組み合わせでお作りし1カ月ほどでお届けいたします。
母の日、父の日の贈りものにいかがでしょうか。

○ワークショップ 4/7(土). 4/8(日) 11:00〜19:00
ブックカバー、ポシェット、スリッパの中から選んで、教えてもらいながら作ります。
当日に出来上がり、お持ち帰りいただけます。 


アイテム
①ブックカバー
所要時間:約2時間  
参加費:8000円(税込)
基本は文庫サイズですが、
どんなサイズでも作れます。
大きさによって材料代が変わります。

②ポシェット
所要時間:約4時間  
参加費:20000円(税込)

③スリッパ
所要時間:6時間 
参加費:サイズによって異なります。

足の長さを採寸して、
足に合わせてぴったりのサイズを作ります。
S(21.5cm-22.5cm):20000円(税込)
M(23cm-24.5cm) :21000円(税込)
L(25cm-26.5cm):22000円(税込)
LL(27cm-28cm) :23000円(税込)

ワークショップで使用する革や糸については
base worksさんのホームページにて。
 

ワークショップは予約制です。詳細は淀屋橋までお問い合わせください。
06-6210-1602(11:00-19:00)
yodoyabashi@kohoro.jp

 

2018年 3月 21日 by yodoyabashi kohoro

棚橋祐介さんと器

棚橋さんの器というと、渋染めの貫入が入った白がぱっと思い浮かびます。
今回、展示会の前日に棚橋さんから届いた器を開けていると、土器や化粧土、
いつもの白とは違う色の器が出てきました。
器を並べると、異なる色や質感が重なり合い、KOHOROの空間としっくりなじみます。

異なる土を混ぜた化粧土や、素焼きしたあとに野焼きをして火の力で黒と茶の表情をつける土器。
これまでの棚橋さんの器とは大きく違う印象を受ける作品です。

新しいものを作ろうというよりは、定番の白によく合う器、白を引き立たせる器と考えて、土器や化粧土の器を今回用意しました。
新しく生み出すことよりも、自分ができることの引き出しからひとつひとつ取り出して、作品を作っています。

棚橋さんの白の器への愛情や好奇心、器への探究心。
個々の作品であるとともに、食卓で使うときの風景もイメージされた器。
新しく作られた器には、そんな背景がありました。

棚橋さんは繊細な雰囲気、強い意思と柔らかさを合わせもつような、不思議な空気をまとい、
また広く客観的な視点を持つ方です。

今回は、発見や広がりを感じるような棚橋さんの展示会になりました。

組み合わせる楽しみ、新しい質感や表情との出会い、器に盛り付けて楽しむというとても素直な楽しみ方を、あらためて味わっていただきたいと思います。

2018年 2月 25日 by kohoro futako

堀宏治さんのお話

堀宏治さんの作品はこちら

 -------------------------------------------------------------

今回は堀宏治さんのお話です。


コホロと堀さんのお付き合いはもう10年以上になります。
2006年 KOHORO二子玉川が始まってすぐの頃に、
カトラリーやお盆を持ってお店に来てくれました。
その頃はまだサラリーマンと掛け持ちをされていたとか。

それ以来、気分転換にとお住いだった鎌倉から
二子玉川のお店に手持ちで納品に来てくれ
私たちと楽しくお話をしてくださいました。

いつでも顔を見てお話ができるから、
こんなものがあったらというリクエストをたくさんしてきました。
その中で生まれたのがこの茶托の小さいサイズです。

 

カトラリーもぜひ手にしていただきたい作品です。
コホロのスタッフもよく使っています。
「みつまたフォーク」は握ってみると丸みがあり手触りもよく
持ちやすく機能性も本当に素晴らしいのです。
サラダの胡瓜やフルーツを刺す、
これができる木のフォークはなかなか見つかりません。

 
  

堀さんの作品は食卓で陶器やガラスと混ざっても合わせやすいように、
あまり主張がない事を大事にされているそうです。
お店でもいろんな作家さんの作品と自然に調和して
みんなに愛されて人が集まってくる堀さんの人柄が作品に宿っています。

故郷の佐世保で仕事が出来る環境を作りたいとおっしゃっていた堀さん、
昨年秋、鎌倉から佐世保に制作の拠点を移されました。
工房を構えたり、個展があったり、
まだまだ佐世保を楽しめる時間がないんだそう。

今までは北海道の材料を多く使われていましたが、
これからは九州の木をいろいろ探してみたいとのこと。
20年ぶりの長崎、目の前の海、魚市場…これから存分に楽しまれて、
また新しい作品や楽しいお話を聞かせていただけそうです。

将来、堀さんは人が通過するところではなくて、
立ち止まってもらう場所を作りたいそう。
工房だけではなくカフェも一緒の空間を。

『淀屋橋とおなじようなもんですたい。』と。
堀さんのところにたくさんの人が集まる楽しい様子が想像できます。


新しい環境での製作が始まった堀さん。
また楽しいお話をお伺いできるのを楽しみにしています!

  

2018年 2月 09日 by yodoyabashi kohoro

小谷田潤さんのこと

毎年、二子玉川のお店では小谷田潤さんの展示会があります。今年は1月20日から。今回は、KOHOROのオープン当初から個展をしていただいている小谷田さんについて、お話をしたいと思います。

小谷田さんは開店まもないKOHOROを訪れ、器を持ち込むことを決めました。

二子玉川は中高時代のマラソンコースで、土地勘があったんだけど。ぶらぶらしてるときに、器が置いてあるなってお店を見つけたんだよね。コホロへの持ち込みが、最初で最後の営業。始まりだったんだよ。

小谷田さんがリュックにつめて持ってきた器。お店にとっても始まりでした。

KOHOROで個展を始めた頃のエピソード。
在廊のときに、お店に入ってきた姉ちゃんがいて。指輪を両手にじゃらじゃらしてて、パンクだなって思ったんだよね。さらっと見てたからすぐに出ていくんだろうなと思った。でも、マグカップの前で止まって、自分のしていた指輪を全部外して、丁寧にマグカップを手に取ってた。それでさってレジに来て、マグカップ1つ買ってさっと出て行った。嬉しかったな。
何年も前のお客さま。目の前で見ているように、私たちも嬉しくなりました。

誰もが手に取りやすく、丈夫で使うのが楽しい器。1つ買って、使ってみてもらいたい。いつでも使う人に寄り添って、作品を作る人です。

お店に立つとき、常にお客様を見ている姿は、何年経っても少しも変わりません。
小谷田さんの言葉は、たくさんの言葉ではなく、まっすぐ静かに人の心に届く言葉です。

小谷田さんのところに笑顔で話にくる方がたくさんいます。お客さんにとっても頼れるお兄さんのような人。人を笑顔にする人が作る器は、同じように人を笑顔にするのだと思います。

お店に対しても、よりよくなるよう話をしてくれる、とてもありがたい存在。
小谷田さんの作品を紹介し続けることができ嬉しいです。
少し気が早いですが、また来年、小谷田さんの器と笑顔がたくさんある展示会を、東京と、初めて大阪でも開催したいと計画しています!



2018年 1月 24日 by kohoro futako

八木橋昇さん 湯気が見える器

八木橋昇さんの作品はこちらからご覧いただけます。

----------------------------------------------------------------------

 

淀屋橋では八木橋昇さんの個展が始まりました。

今展のテーマは「湯気」。
寒い冬の朝、台所で調理をしながら立ち上る湯気、
食卓を囲み、お料理からほわほわと立つ湯気。
そういった風景がイメージできる器が並びます。



八木橋さんの器は、陶器でありながら、柔らかさを感じる器。
土っぽさも感じるのですが、見た目よりも軽く日常使いやすいのも特徴です。

器は『場』を作るものと考えられ
作家さんの器を初めてお使いになられる方にも使いやすく工夫がされています。
移り行く生活を幅広く理解し、その流れに逆らわずに誠実に作られた器には、
八木橋さんのお人柄が伝わります。


粉引、黄化粧、黒呉須、黒釉、灰釉…
様々な種類を作られる八木橋さん。
はじまりは、粉引と黒釉の2色だったそうです。

 




粉引は和洋食、どちらにも相性が良いです。
鮭と卵焼きの和食、ハンバーグとサラダの洋食、
パン皿としても。

黒釉には野菜の色やご飯の色が良く映えます。
プレートには炒飯や焼きそばなど。
縁が丸いので、最後の一口まですくい易いです。
持ち手付きのカップにはクリームシチューをよそっても。

 


黄化粧にはきんぴらやひじきの煮物。
黒呉須にはグリーンいっぱいのサラダにトマトが映えます。





こちらはミルクパン。直火、オーブン、電子レンジが使用できます。
火にかけて温めたスープをそのまま食卓に運べ、温かいうちに頂けます。

八木橋さんはミルクパンで、ぜんざいをよく作られるそう。
器作りは土を捏ねたり、蹴りろくろを回したりと力仕事。
合間にいただく甘いものが力になります。

 





大きなものから小ぶりなものまで、
たくさんのお鍋が並びました。こちらもミルクパン同様
直火、オーブン、電子レンジが使用でき、
油を使って炒めることもできるので、すき焼きもおすすめの料理です。

新作のカトラリー立ては、おたまや菜箸を入れても安定の良い形。
使いやすく工夫を施されています。

 




奥様手作りの天然酵母のパンと、八木橋さんが淹れる珈琲で朝ごはん。
パンは平たいプレートや角皿にのせて、いただきます。

器を使ってくださっている方の事を考えると、
握手をしているような気持ちになる。とおっしゃっていました。
使う方の気持ちに寄り添った器がたくさんです。

ぜひ手に取ってご覧になられてみてください。


八木橋 昇 展
2017.12.29(金)まで


2017年 12月 25日 by kohoro yodoyabashi

棚橋祐介さんの器と作品展のお話

棚橋祐介さんの作品はこちらからご覧いただけます。

----------------------------------------------------------------------

棚橋祐介展が淀屋橋で始まりました。

棚橋さんは岐阜県で作陶されています。

轆轤で作られたものと型を使って作られたもの。
人気の長八角皿もたくさん届けてくださいました。

轆轤で作られたコンポートや高杯、蕎麦猪口
釉薬のかかり方にも個性があります。

 


花器や鉢のもの
貫入の入り具合がそれぞれ違っていて見入ってしまいます。


棚橋さんの器は貫入が入る時に木の実の渋を使って色をつけています。
貫入が入る速度の違う釉薬を使って表情に変化がつきます。



貫入がすぐに入るもの。
進化していく勢いのようなものが感じられます。



ゆっくり時間をかけて貫入が入るもの
ゆったりとした時間の流れを封じ込めているようです。

これらの器に食事を盛ると、合間から覗く器の表情と食事が溶けあい
より食卓が華やかになります。


それから、今回は化粧土を施した器も届きました。


棚橋さんがお好きな素焼きの土器の風合い。
二色の土を使って器の表面に化粧を施しこの風合いが生まれました。


変化が少なく、この風合いを保ったままお食事を盛り付ける事ができます。

大皿にオイルパスタを盛りつけたり、日常使いに小皿をたくさん使ったり、
と想像してお作りになられました。


作った器に料理を盛ると、料理がかっこよく見えるから
器を作り続けているかもしれない。

こんな風合いを出したいなぁと思って試行錯誤して、
なかなか出来ないもの、すぐ出来るものいろいろあって、
料理人の方が目指す味に辿り着けるようなものかな。とおっしゃっていました。


棚橋さんのお話をお伺いすると、今度はどんな器に出会えるんだろうと
楽しみになります。

来年、2018年には二子玉川でも個展を開催いたします。
お楽しみに。

----------------------------------------------------------------------

棚橋祐介さんの作品はこちらからご覧いただけます。

2017年 12月 10日 by kohoro yodoyabashi

馬渡新平さんが作る器

馬渡新平さんの作品はこちらからご覧いただけます。

----------------------------------------------------------------------

2017.12.2

馬渡新平展が始まりました。


北海道の余市町で作陶されている馬渡さん。
丸や筒型の鉢やリム皿、毎日の飯碗やマグカップ、
持ち手のついたスープカップやお茶やお酒の器も並びます。


馬渡さんは野幌粘土(のっぽろねんど)という、レンガをつくる土を使って器を作り続けています。
ニセコの湖で採った粘土を化粧土にし、植物の灰釉をかけて焼くことで、
貫入と呼ばれるヒビのような模様が入ります。

しっかりとヒビのように入った表情から、馬渡さんがヒビ粉引と名付けました。

やわらかな黄色と、白。
植物100%の灰釉を使うことで、黄色がかった色がつくられます。
灰釉は薄めて使われることが多く、少し薄めることで、白色の器に。

自然が生み出す色は素朴であたたかく、料理がとてもよく映えます
余市で育つリンゴや梨の木、いろんな種類の木の灰から、ご自身で精製を行い、
釉薬として使っています。

余市で育つ木の灰を使いだしてから、風合いも変化があったそうです。
釉薬のかかり方が同じようでも、でてくる表情はひとつひとつ違い、とても豊かです。
自然が持つ力や個性が作品のなかにふと姿を見せます。



丸鉢やリム皿、ふちが立ちあがった平皿はサイズ違いで。
スープカップやカレー皿は、馬渡さんのお嬢さん、4歳のちーちゃんが使う小さなサイズもあります。


写真は馬渡さんとちーちゃんのカレー。

馬渡さんは丸鉢を使うことが多く、ちーちゃんは小さいカレー皿で。
形の違う器で楽しみます。


高さのある筒鉢は菓子鉢として使ったり、果物にも。
花器としても高さをつくって飾ることができます。
馬渡さんはお正月にきなこやあんこのお餅を入れたいなと考えているそう。

酒器と合わせても。高さがあり、存在感があります。
漆との相性もとてもよい馬渡さんの器。
筒鉢にお餅を、長皿や平皿はプレートのようにおせちを並べて、漆の器でお雑煮。
いろいろ組み合わせて並べていると、お正月や年末のお料理がたくさん浮かんできます。


お酒やお茶のときにも重宝する片口や汲み出しも並びました。
形がさまざまで、並んでいるととてもにぎやか。
1つぐいのみや汲み出しに合わせると、しっくりと落ち着いた時間が流れます。

持ち手がしっかりと持ちやすいマグカップ。写真左がヒビ粉引き、右が刷毛目です。
丈夫で使いやすく、お茶やコーヒーに毎日使うことで風合いが変化し、器が育っていくようです。


イタリア料理屋さんに頼まれて作ったというデミタスカップ&ソーサ―。(写真は馬渡さんより)
愛らしい小さな形の中に、ヒビ粉引きの深い色彩を持っています。


ひとつひとつ、ヒビや刷毛目の表れかたは多彩で、見比べるとそれぞれが持つ印象は違います。
自然を背景にもつ、おだやかさと素朴さ。
料理を盛り付けたとき、飲み物を注いだとき、ふっとその表情が引き締まるように感じます。
時に堂々と、時に寄り添うように、あらゆるものを受け入れる器。

馬渡さんのまっすぐな視点、作るものや家族への愛情、大きな自然のなかで暮らすこと、
作品を形づくるものが、人と自然と暮らしの中にあることを、あらためて感じさせてくれるようです。

作品展は13日(水)まで。
ぜひ手にとってご覧ください

馬渡新平さんの作品はこちらからご覧いただけます。

2017年 12月 03日 by kohoro futako