2017.11.12

 

城進展が始まりました。

お茶まわりのもの、土鍋や取鉢、耐熱の鉢やミルクパン、たくさんの器を届けていただきました。

 

お茶まわりのものでは、使う人数や飲む量、お茶の種類でも選べる、さまざまな大きさのポットやカップが揃います。

 

料理家さんのリクエストで作られた大きなポットや、たっぷり1人分か、ちょうど2人分お茶が入る小ぶりのポット。

何煎も楽しむ烏龍茶などのお茶は、小さめのポットで淹れると熱々を楽しむことができます。

 

大小ある汲み出しや輪花の湯呑、土ものの器と磁器のもの。

どれも、手にすっとおさまり、口当たりがよく使い勝手のよい形です。

 

1つひとつの表情に個性があり、ポットや菓子皿との組み合わせも考えながら、

みなさん並べて楽しそうに選んでいかれます。

 

城さんはご家族でたっぷり楽しむとき、2人分をゆっくり淹れるとき、大きさの違うポットを使っているそうです。

必要な分に合わせたポットがあると、場面によって使い分けて、おいしくお茶を楽しむことができます。

 

 

ポット作りは、茶こし部分に1つひとつ均等になるように穴を開けたり、

持ち手や注ぎ口を作ったり、工程が多く、時間もかかります。

平らな蓋のもの、つまみのついたもの、鉄絵、鉄彩、灰釉粉引、飴釉など、

城さんのポットは形も釉薬も種類が豊富で、それぞれが水切れ良くとても使いやすい形をしています。

 

お茶を淹れるとき、ポットを手に取ると、おいしく入る!という予感があるような、

ふっと落ち着くような、そんな心持ちになります。



 

マグカップは、すとんとした形、ふっくらとたっぷり入る形、色も形も選ぶ楽しみがあります。

ミルクをたっぷり入れたカフェオレや、ブラックのコーヒー、毎日使う自分のカップを探す方や、

贈りものに違う種類をペアにする方も。

 

 

ポットや器、菓子皿や茶托にもなる小皿。

城さんの器を使ってお茶を飲む。展示を通じてぜひ楽しんでいただきたいテーマです。

 

お茶にまつわるものだけではなく、飯碗や平皿、角皿、深さのある鉢やすり鉢もサイズ違いで種類があります。

 

飯碗は3サイズ。ごはんを少しにしたいと小さい飯碗を探す方も、たっぷりサイズを探す方も、

自分のサイズを見つけると、とても嬉しそうです。

 

角皿はお魚がしっかり盛り付けられる長皿や、おかずにもデザートにも平らで使いやすい大きさも。

好きな器のサイズを選べたり、サイズ違いで揃えられるのも、選ぶ楽しさを広げてくれます。

 

ヘリンボーン柄の描かれた鉄絵は、城さんが作り続けている1つのシリーズです。

鉄分の入った釉薬を使うことで、金属のような渋みのある風合いが生まれます。

蝋抜きという技法で1本1本手描きでつくられる鉄絵のモチーフは、以前に旅をした西アフリカの泥染めの模様から。

1つの紋様を描きながら、器の形や切り取られた場所によって、新しい表情があります。

 

旅した場所や、これまで出会った人から得てきたもの、

器を使う人、暮らしをまっすぐに見つめる視点から作られる器は

暮らしのなかで扱いやすく、使うことが楽しみになります。

 

変わらない強さと新しく向かっていく力、心にあつく持ち続けるものと、静かにしっかりと寄り添うもの。

在廊される城さんの、背筋を伸ばしてまっすぐに立つ姿と、器のもつ凛とした佇まいが重なるようでした。

 

展示会は19日(日)まで行います。ぜひお手に取ってご覧ください。

 

 

城 進 展

2017.11.10(金)-11.19(日)

KOHORO二子玉川

11月 13, 2017 by kohoro futako