お店に新しい作品が並びました。

6月後半、二子玉川では常設の作品が並びます。
新しく、鈴木敬子さん、生形由香さん、稲吉善光さんの器が届きました。

福岡の鈴木敬子さんから届いた形はボウル、コロコロ、マグカップの3種類。
手びねりで作られる作品は、大らかで柔らかな存在感で食卓を包みます。
個々に違う色や形、個性豊かに並んでいます。




生形由香さんからはマグカップが届きました。
7月6日からは二子玉川にて生形さんの展示会が始まります。
マグカップの持ち手は2種類。持ちやすく、グラデーションのように美しい色の変化を持つ器です。



笠間の稲吉善光さんの器は、鉄釉の作品がたくさん届いています。

写真はスタッフが持っている鉄釉の片口鉢。
盛り付け鉢としても使いやすい片口や、取り皿にもなる4寸皿、サラダや小さな丼にもなる筒鉢など、様々な形が揃っています。

店内には、家仕事に役立つ布巾や、夏にさらっと気持ちの良い和紙の草履、届いたばかりの今年のお茶も並んでいます。



雨の季節、家で過ごす時間を共に楽しむ道具や器。
雨音が静かに聞こえる店内で、ゆっくりと手に取ってご覧ください。

すべての記事

二子玉川 作品展
二子玉川 日記帖
淀屋橋 作品展
淀屋橋 日記帖