KOHOROと大分-後編-

KOHOROと大分後編では、木工の神野さんと簀河原さん、竹の大橋さん、絵画の国本泰英さんのご紹介をします。
前編はこちら

・神野達也(木工)
プロダクトデザイナーで木工作家の神野さん。
なめらかで美しいフォルム、リムやエッジの効いた神野さんの作品は、木の器に料理を盛り付けることへの新たな発見を教えてくれそうです。
すっと並んだ姿が印象的な花入れは、贈りものとしても。


・簀河原淳(家具・木工)
ヘラやカトラリーなど食卓で使うものから家具まで幅広く作品を作られる簀河原さんの作品は、手元に置いておきたくなる愛らしさがあります。
KOHOROからお願いしていたバターナイフも届きました。
子供用椅子やスツールは美しさに加え、安定感のある座り心地です。



・大橋重臣(竹)
竹で作品を作られる大橋重巨さん。
大橋さんの技術や美しい手仕事を感じることができる、大きなペンダントライトは、優しい灯りが室内に柔らかく広がります。
盛り籠やバスケットなど様々な作品が届いております。



・国本泰英(絵画)
ものづくりをしている人の集まる環境に身を置く国本さんは、絵を描くことへの取り組み方や描くものに大きく影響を受けているそう。
力士やだるまモチーフとした絵画の他、ご自身の書いた絵がプリントされた手拭いや缶バッチ、ポストカードも並んでいます。


木工、家具、陶磁器、竹工芸、絵画など様々な作家のつくる手仕事が集まり、またいつものKOHOROとは少し違う賑やかで活気のある店内になっています。
会期中ぜひご来店ください。

KOHOROと大分
2020.1.25(土)-2.3(月)
KOHORO二子玉川

 


すべての記事

二子玉川 作品展
二子玉川 日記帖
淀屋橋 作品展
淀屋橋 日記帖