境道一 境知子 器がうまれる場所へ

境道一 境知子 器がうまれる場所へ

長野県で穴窯をつくり制作をされていた道一さんと知子さん。
2015年に香川県に住まいを移され、お二人で窯をつくり、自然の中にあるそれぞれの工房で作陶をされています。

今年の4月、お二人が暮らし、器をつくる香川の工房を訪れました。



敷地の真ん中には、移住されて最初につくったという窯があります。



きれいに積み上げられたレンガ。丁寧に作られ、日々手入れをしながら使われている様子が伝わってきました。



道一さん、知子さんそれぞれの工房。


窓に囲まれた道一さんの工房は、祖母の家にいるようなどこか懐かしい場所でした。


知子さんの工房では、蹴轆轤について教えてもらいました。

右足で蹴って、左足で巻き込むように廻して使います。
安定させたいとき、勢いを出したいとき、作品によって力の入れかたを変えて作るそうです。


伺ったときは、年に一度だけ焼く、焼き締めの窯焚きに向けて準備が進んでいるところ。
下の写真にある少し長めのポットは、今回の展示会に新しく並んだ麦茶ポット。


年に一度だけしか焼かないから、あれもこれもと考えながら作るのが楽しいというお話のとおり、お二人の工房の棚には焼成前の作品が所狭しと並んでいました。ここで焼成を待っていた器が、今回の展示会にたくさん届いています。


焼き締めや織部、黒釉など深い色彩を表現する道一さんの器。
力強さやおおらかさが器のなかに表れます。


美しいシルエットで焼き締め、白磁、半磁土とさまざまな土を使い分ける知子さんの器。やさしく、心地よく手になじみます。


6日からはじまった淀屋橋での展示会には、お二人それぞれの多彩な作品、たくさんの器を届けてくださいました。

作品の一部はオンラインショップでもご紹介しています。
たくさんの方に境道一さん、境知子さんの作品をお伝えできればと思います。

境道一・境知子展はこちら
2018年 7月 10日 by online kohoro
焼き締めの器を使う

焼き締めの器を使う

焼き締めの器には、難しいという印象をもつ方もいらっしゃいますが、どんどん使うことで、扱いやすく、味わい深く育ちます。毎日使って育てる焼き締めの楽しみを、少しご紹介します。
011



ビールがおいしくなる?

焼き締めは釉薬をかけずに高温で1週間ほどかけじっくり芯まで焼いている丈夫な器です。高温で焼かれることで土の中の成分が焼き物の表面に様々な表情を作り出し、ひとつひとつが個性的。  ビールがおいしくなると言われているのは、釉薬のかかっていない肌の特性からきめの細かい泡がたち、泡も長持ちするのでより一層おいしく感じるそうです。泡はうま味を逃がさず、苦味を吸収する作用もあるとか。いつもと違うお酒の時間が楽しめそうです。

014


お花が長持ち

「表面がガラス質でない焼き締めの花器は夏の暑い時期でも水持ちがよくお花が長持ちするよ」と、境さんから教えてもらいました。色味も焼き締めの深い色がどんなお花も引き立たせてくれます。

 

使い込むほどにしっとりと育つ器

表面に釉薬がかかっていないので、油ものなどはシミになりやすいと言われています。油ものも気にせず使えば全体的にいい艶がでてくるよと教えてもらいました。気になる方は一晩浸水させて、使うたびにお水かお湯にくぐらせると、水が表面をコートしてくれるので シミや匂いもつきにくくなりますし、染み込み方もおだやかに。食卓に出すとき、土の色がより鮮やかに見える効果も。

お手入れの仕方にこれという決まりはありません。使い終わった後は、たわしで洗うと、最初はがさがさしていた表面が徐々につるつるになり、いい艶がでてきます。汚れを洗い流したあと、気になるところには洗剤もお使いいただけます。

017

▲小さめの亀の子たわしで洗っています

021

▲夜洗ったら、一晩乾かして翌朝しまいましょう。

015

土の質感を楽しむ焼き締めの器。盛り付けるものの色を鮮やかに引き立て、おいしいものをよりおいしく楽しめるように感じます。

ガラスと合わせて夏は涼やかに、土ものや色の器と一緒ににぎやかに、食卓での組み合わせ、育っていく変化に触れながら、毎日の器として使っていただきたいです。

手に取って手になじむ土の質感をお楽しみください。 

2018年 7月 10日 by online kohoro