「稲吉善光展」2019.10.19(土) - 28(月)

10月19日(土)から、稲吉善光展が始まります。
力強く温かみのある器は、料理をしっかりと受けとめ、食材を美味しそうに引き立てます。
今回、スタッフが稲吉さんの器とよく組み合わせるお料理を、いくつかご紹介します。

▲墨手6寸片口×おでん

料理の器や酒器、花器として、色々な使い方ができる片口。
枝豆や人参のサラダ、南瓜の煮物など、色鮮やかなものが引き立ちます。

▲山砂釉4寸浅鉢×ほうれん草のお浸し

少し高台のある浅鉢は、ちょっとした一品を美しく受け止めます。
ポテトサラダや冷奴にも。

▲鉄釉飯碗×炊き込みご飯

少し浅めの飯碗は持ちやすく、土のぼこぼことした手触りが心地よいです。
酢の物やヨーグルトの器としても。

▲鉄釉丸碗×うどん

立体感のある丸碗は、食卓の中で存在感を放ちます。
サラダボウルとしても使いやすい大きさです。

▲鉄釉8寸プレート皿×キッシュとサラダ

広々とした大きさのプレートは一枚あると重宝します。
魚の煮付けやハンバーグなどのメイン料理に。カレーやパスタなど、ワンプレートとしても。

▲鉄釉6.5寸浅鉢×いちじく

深さのある浅鉢は、揚げ出し豆腐や肉じゃがなど、汁気のあるものに。


今回は和食と合わせたものを多くご紹介しましたが、中華やイタリアン、その他さまざまな国の料理と調和します。
いろいろなイメージを楽しく膨らませながらご覧いただきたいです。
初日19日(土)には稲吉さんが在廊くださいますので、気になることなど聞いてみてください。


「稲吉 善光 展」
2019.10.19(土) - 28(月)
作家在廊日 19日(土)


すべての記事

二子玉川 作品展
二子玉川 日記帖
淀屋橋 作品展
淀屋橋 日記帖