「生形由香展」2022.4.15(金)-25(月)

淀屋橋にて4月15日(金)から開催中の生形由香展。
4月25日(火)まで開催中です。


2年前の企画展はオンラインショップでの開催だったため、お店での開催は久しぶりです。栃木県益子町にて作陶されている生形さん。陽刻の美しい彫りややさしい色彩が春を感じる作品の数々が店内に並びました。今回の企画展では、ケーキ皿として使える6寸、7寸のお皿を作っていただきました。


1つひとつ手で彫られた陽刻紋7寸皿は、鳥や鹿などの動植物が描かれています。釉薬の下から浮き上がる紋様は、情緒があり奥ゆかしさを感じます。彫りの深さの違いによって釉薬の流れに変化が生まれ表情が豊かです。

力強さと陰影のある陽刻、横から見る曲線に魅了される白釉陽刻紋高台皿、黒釉陽刻紋高台皿。
焼き菓子やホールケーキをのせてケーキスタンドとして使ったり、オードブルなどをのせて使っても。細やかな部分にアートのようなデザイン性と紋様の絶妙なバランスを感じます。


黒釉壺、黒釉花弁紋壺には季節の枝物を。

黒釉壺はシンプルでありながら曲線美が際立ちます。深い黒や黄褐色の流れる釉薬の重なりと程よい光沢感。生形さんの作品は、特徴的なマットな質感と釉薬が生み出す諧調にも魅力を感じます。
今回の企画展では、神奈川県横須賀にてお店をかまえるla griveさんの焼き菓子もご紹介しています。a griveさんが作るお菓子はどこか懐かしくやさしい味わい。生形さんの作品からイメージして作られたケーキも届けてくださいました。国産グレープフルーツとピスタチオのパウンドケーキと和三盆くるみキャラメルのクグロフバトン型の2種類。

生形さんの白釉刻紋小皿、淡青釉刻紋小皿と組み合わせて選ばれるお客様がたくさんいらっしゃいました。

ケーキの他に、ダクワーズやマカロン、バタークッキーなどなど種類も盛り沢山でお客様も楽しそうに悩まれているのが印象的です。会期中追加で届けてくださる予定ですので随時ご紹介していきます。

愛用している生形さんの作品でlagriveさんのお菓子をいただきましたが、いつものお茶時間を特別なものにしてくれるような心満たされる時間にさせてくれました。みなさまも繊細で静謐な空気感を作り出す生形さんの作品とlagriveさんのお菓子を組み合わせて、お家でのお茶時間をお楽しみください。会期が25日(月)まで。

------------------------------------------------------------------------------------------------


4月15日(金)から淀屋橋では生形由香展を開催いたします。
前回はオンライン開催だった生形さんの展示、今回は横須賀にあるla griveさんのお菓子と一緒にご紹介いたします。
お菓子に合うようなケーキ皿をお願いしました。
植物をモチーフにした器は美しく華やかさがありつつも盛り付けるものを引き立たせてくれる頼もしい存在です。
お茶の時間が楽しくなる器が集まります。

生形由香展
2022.4.15(金)-25(月)
19(火)は定休日です。
コホロ淀屋橋