福井県鯖江市で制作をされる山岸厚夫さん。

暮らしに寄り添い使い続けられるもの、普段の生活にもっと漆器を取り入れてほしいという思いで作られています。
その言葉通り、山岸さんの漆器は漆を何度も塗り重ねているため強度が高いことや、刷毛目を残す塗り方をされているので疵が目立ちにくく、気張らずに日常使いしていただけます。

 〈くりぬきと木合〉
山岸さんの漆器の素材は、木をくり抜いたものと、木の粉を固めて形を作る木合の2種類。
くり抜きは飲み口は薄く、手に持つ部分はしっかりとした厚みがあり手に持った時の安定感が頼もしいです。

木合は乾燥に強いのが特徴で、漆を初めて使う方にも安心してお使いいただけます。
価格もくりぬきに比べお手頃なのでご家族分揃えやすく、お子さまにもおすすめ。
どちらもお手入れは、ご家庭の中性洗剤で洗い、柔らかい布巾で水気をふき取るだけ。普段の洗い物と何ら変わらずに使っていただけます。

- 関連商品 -