渕布汁椀

¥7,560

渕布汁椀 山岸厚夫

Φ11.5cm×H7cm

福井県、山岸厚夫さんの作品。

使いやすさを考えられた渕布の汁椀。
定番として作られつづけている形です。

ふちに布が貼ってあり、
欠けにくく丈夫なつくりになっています。
手入れがしやすく、きずも目立ちにくいです。

ひとつひとつ塗っているため、
個体差がございます。


曙:
使っていくと黒漆が磨り減り朱の部分が多くなっていきます。
黒に見え隠れする朱が曙の空のようだと名前をつけたと言われています。

根来:
使っていくと朱漆が磨り減り黒の部分が多くなる根来塗り。
根来寺の塗りものに由来するといわれています。

※ひとつひとつ色や刷毛目に個体差があります。
写真をお送りして個別にお選びいただくことはできかねます。
同じ品物を複数個ご注文いただいた場合は、なるべく似たものを揃えてお届けしています。
※オンラインの画面の表示の色は、ご利用の環境
その他により実際の色と多少異なる場合があります。
※こちらは実店舗と在庫を兼ねているため、
ご注文いただいてもご用意ができない場合がございます。