青森県の宮本工芸からあけびのかごが届きました。
昔から伝わる技術を受け継ぎ、現在も職人の手仕事によって制作されています。


高さのある小松編バスケットや、持ち手付の卵入れ、ふわっと広がるように編まれた波型など様々なかたちや編み目で仕上げられたあけびのかご。
食卓や室内で器やカトラリーの収納やくだものを置いたりと、暮らしに合わせた使い方が楽しめます。
布を合わせると、また違った雰囲気に。

▽新波編皿/たまご入れ


▽角オボキ


高さが低い形は棚への収納にもおすすめ。
風通しも良いので布や食料品の保管にも優れており、使うと次第に艶や味わいが増し、永く暮らしに寄り添ってくれます。

あけびのかごは、各店・オンラインショップでご覧いただけます。

- 関連商品 -