三浦ナオコ展 9/16(土)-27(水)

2017.9.16

三浦ナオコさんの展示会が始まりました。KOHOROでは初めての個展です。
岐阜県多治見市にあるstudio MAVOで作陶をされています。

手のあとが残るものが好きで、料理や食べることが好きな三浦さん。
お店と思ってふと立ち寄った陶芸教室が、器づくりのいちばんはじめ、始まりでした。

今回はすべて、制作の中心とされる白磁の作品。
型を使った輪花や菱形の皿。高さのある台皿は、
盛り付けるものがきりっと映えます。

 

釉薬のかかりかたに表情があり、
白が持つ色の豊かさが器のなかに広がります。

李朝などの古い器が持つ白の佇まいに近い表現を追求し、
白磁を中心に作り続けているそうです。

「器づくりを始める前から古いものが好きで、骨董屋さんなどへよく見に行っていました」
とお話される三浦さんは楽しそうで、こちらも想像をめぐらせて楽しくなります。

三浦さんの作品がもつ凛とした静けさのなかに、
古くからある、心ひかれる形や色が息づいているようです。




「制作にはデザインをやっていたときの感覚も影響していると思います」
新しい形を生み出す姿勢は、器づくりを始める前から。



轆轤で作られた湯のみと、型で作る急須。
滑らかな白磁の質感は、包み込むと手のなかにとてもしっくりとおさまります。

飯碗やれんげ、大小さまざまな皿や鉢、盛り付けるものによってまとう空気が変わります。
どんなものもすっと受け入れてくれるような、ふだんの食卓にとても使いやすい器です。

三浦さんの器を使う方から、「こんな料理やお菓子を盛り付けました」と教えられ、
ご自身が新しい発見をすることも多いそう。
みなさんが盛り付けを楽しみながら使う様子が、伝わってきます。

三浦さんの作品はこちらでご覧いただけます。

来年1/13から淀屋橋でも三浦さんの作品展を予定しております。

 

9月 17, 2017 by kohoro futako

八木橋昇 展 9/2(土)-11(月)

 2017.9.2

KOHORO二子玉川で八木橋昇展が始まりました。

お天気にも恵まれて秋の風が心地よい初日を迎えました。

今回の展示テーマは「台所と食卓」です。

秋冬に向かって耐熱のお鍋やグラタン皿、ポットやスープ碗など

まざまな形、たくさんの作品が並んでいます。

初日と二日目は八木橋さんに在廊して頂きました。

八木橋さんにKOHORO二子玉川の印象や器づくりのことをお伺いしました。

 

KOHOROはいろんなシーンが想像できますね、とにかく「台所」のにおいがします。

初めての個展ではたくさんの種類を見てもらいたいと思って作りました。

器を作るとき、料理にとって器を場として考えています。

場=空間と考えて、料理が映える空間を作ってイメージを形にしていきます。

料理、器、テーブル、部屋と繋がっているように。

お店が台所であり食卓のように、器が並びます。

展示会にいらっしゃった皆さまが、どんな風に使っているか、

楽しそうに話される姿をよく目にするのも、

そうした八木橋さんの器への思いが伝わっているようです。



この冬にはコホロ淀屋橋では12/16(土)から29(金)までで、八木橋さんの展示会を行います。

淀屋橋でのテーマは「湯気」です。

グラタン皿や土鍋から、ふわっと立ち上がる湯気とあつあつの料理が思い描くようなような器。

冷たい空気のなか、お店に八木橋さんの作る温かい空間が広がります。

 

 

八木橋さんの作品はこちらでご覧いただけます。

9月 02, 2017 by kohoro futako

松原竜馬 角田淳 暮らしの道具 3/18(土)-3/29(水)

2017.03.28

 

〈2017年春にKOHORO二子玉川で開催された初日の様子です〉


 

松原竜馬さん、角田淳さんご夫妻は、大分にてご夫婦で制作されています。

▲初日開店前の角田淳さん。二子商店街の和菓子屋さんがお気に入り。

 

KOHOROでは去年に続く松原さん角田さんの展示、
今展のテーマは「暮らしの道具」。
バターケース・時計・照明・すり鉢・醤油差しなど。
土や磁器で作られる暮らしの道具もならんでいます。

 

使いたいもの、あったらいいなと思うものが、
お二人の毎日の中から生み出されています。

 

「時計」
ありそうで無かったスリップウエアの掛け時計。
松原さん独特の抽象的でシンプルな柄は、
主張しすぎずインテリアにすっと溶け込みます。
カチカチと刻む秒針が、心地よい響きです。

▲時計/松原竜馬


▲時計/角田淳

 

「すり鉢」
素朴であたたかみのある粉引のすり鉢は台形型。
底が広く安定しているので、作業がしやすいのが嬉しいところ。
そのまま食卓に出しても絵になります。


▲すり鉢/松原竜馬

 

「シュガーポット」
しのぎの入った粉引のシュガーポットは、
ゆっくりと過ごすお茶の時間にぴったり。
ぽこりと飛び出たフタのつまみは、開けやすさも抜群です。

▲シュガーポット/松原竜馬

 

「バターケース」
存在感たっぷりの、どっしりとしたバターケース。
ナイフをいれる部分に立ち上がりがないので、
バターがくずれず綺麗に使えます。
フタを外した姿も様になるので、
シンプルな朝の食卓の主役になりそうです。
ジュエリーケースや眼鏡ケースにも。

蓋裏には動かないよう細かな仕事が施されています。

▲バターケース/松原竜馬

 

「カトラリースタンド」
無機質なものが多いカトラリースタンドですが、
スリップウエアならではの温もりを感じられます。
花器として使うのもおすすめです。

▲カトラリースタンド/松原竜馬

 

「しょうがおろし」
一つひとつ手作業で目を起こした磁器のしょうがおろし。
お料理と一緒に並べるとすてきです。
食卓で薬味をすりおろしても楽しいですね。

▲生姜おろし/角田淳

 

「キャンドルスタンド」
ぽってり、細長、腰高・・・。
一つだけでもいくつか並べても絵になるキャンドルスタンド。
アクセサリーなど小さなものを載せても、そして何も載せなくても、
置いておくだけでしっとりた空間が生まれます。

▲キャンドルスタンド/角田淳

 

「ふたもの」
白く清潔な容器ですが、
手作りならではのほっとする温かさがあります。
お塩、梅干し、クッキー、大切な何か・・・。
何を入れてもしっくり。
蓋を開けるときの楽しみもあります。
作り始めたきっかけは角田さん手作りの
アロマクリームを入れる為でした。

▲ふたもの/角田淳

 

「醤油さし」
どんな食器とも相性のよい、白い磁器の醤油さし。
形が美しいのはもちろん、液だれせずに切れ味も抜群です。

▲醤油さし/角田淳

 

「ランプシェード」
少し灰色がかった、あたたかみのある白のシェード。
食卓を照らすとやわらかな雰囲気に。
傘の上部は、いくつかの小さなパーツを組み合わせており
このパーツ、ひとつとして同じものがないところも見比べどころです。

▲ランプシェード/角田淳

 

「味噌つぼ」
厚手でしっかりとしたお味噌の容器は、ヘラ付きです。
毎日活躍するお味噌だからこそ、お気に入りの器に入れたいもの。
大は1キロ、小は500グラム入ります。
1年分のお味噌を毎年作る角田さん、
大きな樽で仕込んでこの味噌つぼに移し替えて
冷蔵庫に入れて保存すると発酵が止まります。

▲味噌つぼ/角田淳

 

松原さんと角田さんのインスタグラムでは、
食卓の様子がたくさん綴られています。

3月 18, 2017 by kohoro futako

水垣千悦 展 2016/11/5-14

水垣千悦 展

<初日を迎えた店内の様子です>

 さまざまな素材を水垣さんらしく焼き上げた作品が並んでいます。

動植物をモチーフにした絵付の小鉢や湯呑、
薪窯で力強く焼いた三島手の大皿、 白磁におおらかな鎬を入れた碗、
さまざまな素材を水垣さんらしく焼き上げた作品が並んでいます。

 

■素材、色、形も様々な花器

吊首や梅瓶、壺など様々な形、大きさの花器を作られる水垣さん。
自宅裏山に自生するお花をよく生けているそう。
普段から花に触っている方が作る花器はやはり生けやすいです。
お店でお花の生け替えをする度、水垣さんの
花器の生けやすさに心地よさをおぼえていたのも納得でした。


▲形も素材もさまざまな花器

 

■縁起のいい染付

水垣さんのどこかとぼけた雰囲気の動植物の染付は、
食卓に並ぶものだから、と縁起のいいモチーフを選んでいるそう。
アジア、とりわけ中国の古い書物や絵画に空想として登場する
バクや麒麟も縁起のいい動物なんだそう。

▲バクと麒麟

派手な色は使わず、水垣さんならではの祝いの器たちは
普段にもお正月にもお使い頂けます。


▲福の字や吉祥紋

 

よく水垣さんの染付の器に登場するうさぎ。
中国と韓国で微妙に描き方が違うのだそう。
立っているorちょっととぼけた雰囲気のうさぎは韓国で、
中国のうさぎは目が鋭いもので見分けるそう。

▲四角箸置き。左から韓国、中国のうさぎ

 

実は水垣さん、個展製作の追い込み中に指をケガされてしまったのです。
製作が難しかった期間、元々あった素焼きの器に使える右手で
染付をたくさん描いてくださいました。
「普段だったら描かないものにもたくさん描けて良かったです」とお話されていました。


▲染付のみ施した作品には小さくドクロ印が。

 

 
▲マグカップ、オーバル皿、茶碗蒸

 

■かっちりより緩やかに

ゆらぎが大きく出ている鎬の鉢。
意図してつくったものなのかな・・・と不思議になって聞いてみました。
回転が一定でない手廻しろくろで作ると、かっちりでなく緩やかな形に。
更に自宅敷地内の薪窯で焼くと偶然の火の当たりで
たわんだゆらぎのあるものができるのだそう。
水垣さんの描く染付の雰囲気に通じるものがありますね。

今年初めに新しくした薪窯はオーストラリア人の方が考案したもので、
焚きやすくて火の番も楽ちんだよとうれしそうに話されていました。

▲白磁鎬鉢

 

毎年お店に水垣さんから届くかぼすは大家さんが植えたものだそう。
かぼすやだいだいの木が自宅裏に10本くらいあって、
毎年収穫の時期になると好きなだけ持ってっていーよーとお声がかかるのだとか。
おおらかな土地で制作されているのが垣間見られるエピソードでした。

水垣さんらしいユーモラスな文章が楽しいブログ「万房製陶所」もぜひ。

11月 05, 2016 by kohoro futako